The Superstar With No No.1 Album

The Superstars With No No.1 Albums Again

米Billboard 200で1回もNo.1をマークしていないスーパースターは、誰? スペシャル! ……(^.^;

というわけでそのパート2。

Marvin Gaye
1971年の”What’s Going On”なんか、彼のベストセラーというよりも、ベスト・ソウル・クラシックの一つですよね。にもかかわらず、最高第6位だったわけですから。シングル・チャートのNo.1曲をタイトル・トラックとする1973年の”Let’s Get It On”が、最もその可能性が高かったのですが、ザ・ローリング・ストーンズの”Goats Head Soup”に阻まれて、最高第2位に甘んじています。ミリオンセラー曲”Sexual Healing”を含む、生前最終作”Midnight Love”も、最高第7位に止まって万事休す。私のフェイヴァリット”I Want You”も最高第4位と、正に後一歩でした。

しかし、ソウル系のスーパースターにはもっと上がいたりします。

Aretha Franklin
なんてったって、”クイーン・オブ・ソウル”ですよ。同ランキング初エントリーが、1962年。ライヴも含め、計47作がトップ200いりを果たしています。内6作がトップ10へ。しかし、”I Say A Little Prayer”を含む1968年の”Aretha Now”が2週間最高第3位、”(You Make Me Feel Like) A Natural Woman”を含む同じ年の”Lady Soul”も2週間最高第2位、”Respect”を含む1967年の”I Never Loved A Man The Way I Love You”ですら3週間最高第2位ですからね。どれも、ベスト・ソウル・クラシックといえるもの。No.1を獲るのがいかに難しいものかがわかります。

けれど、そんなアリサもぶっとぶトップ・スターも……。

James Brown
“ザ・ゴッドファーザー・オブ・ソウル”も獲れなかったんですか……それってもしかしたらセグリゲイション? 1959年のデビュー・アルバム”Please Please Please”なんか影もカタチも無く。1963年のベストセラー・ライヴ”Live At The Apollo”が初エントリー(最高第2位)と、つくってはいても売れてなかったと。しかしその後、コンスタントにランクするようになり、同じ年の9th”Prisoner Of Love”もエントリー(最高第73位でしたけれど……)。1964年の”Pure Dynamite! Live At The Royal”もトップ10をマークと、記録上もトップ・ソウル・スターらしい”格”が備わっていった……筈だったのですが、ついぞその後トップ10エントリーはなしえませんでした。極一部、主だったトコロを眺めてみても、1965年の”Papa’s Got A Brand New Bag”(最高第26位)、1966年の”I Got You (I Feel Good)”(最高第36位)、同じ年の”It’s A Man’s Man’s Man’s World”(最高第90位)、1969年の”Say It Loud, I’m Black And I’m Proud”(最高第53位)、1971年の”Hot Pants”(最高第22位)、1974年の”The Payback”(最高第34位)、そのいずれもがです。マスターピースの一つ”Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine, Pt. 1″フィーチャーの1970年作品”Sex Machine”ですら最高第29位とふるわず。シングルとアルバムのリリース数がとんでもなく多かった事も災いしたのでしょうが、それにしても不思議でした。

あしたもまた。

Posted in AZMYSH | Tagged , , , | Leave a comment

The Superstar With No No.1 Album

The Superstars With No No.1 Albums

米Billboard 200で1回もNo.1をマークしていないスーパースターは、次のアーティストの内、誰? の答。

それは、7組全員! でした。

……予想通りでしたか(^.^;

David Bowie
スーパースターというよりも、ブリティッシュ・ロック・レジェンドの彼ですが、米Billboard 200ランキング上でトップを獲るレジェンドはいまだもってつくりえていません。1972年、1971年の4thアルバム”Hunky Dory”が初エントリー後(最高第93位)、すべて含め計7作がトップ10いりをマークしたものの、”Diamond Dogs”(最高第5位)も、”Young Americans”(最高第9位)も、”Station To Station”(最高第3位)も、そしてかのベストセラー”Let’s Dance”(最高第4位)までもがなしえず。昨年突然発表し、スポットライトが当たった”The Next Day”も、最高第2位とナミダをのんでいます。

The Who
ブリティッシュ・ロック・バンドのレジェンドも、いまだトップを獲りえず。1967年、2ndスタジオ・アルバム”Happy Jack”(前年暮本国発売の”A Quick One”の1曲をタイトル・トラックと替えてつくられた米国盤)が初エントリー(最高第67位)。以後計10作のトップ10作品群を生んでいるも、後一歩のトコロでとらえられませんでした。とくにエルトン・ジョンの”Goodbye Yellow Brick Road”に阻まれた1973年の”Quadrophenia”、そしてサウンドトラックの”Grease”に阻まれた1978年の”Who Are You”は、最高第2位までつめよってなしえず。

Kiss
彼らもたった1作のNo.1が何故獲れないのかわからないアーティスト。アメリカン・ロック・バンドとして、ザ・ビーチ・ボーイズですらいなしてしまう(といっても、ザ・ローリング・ストーンズなんかにはそりゃ負けますけれども……ザ・ビートルズとかにもね)、最高峰の26作というトップ40作品群を生んでいるにもかかわらず、1974年のデビュー・アルバム”Kiss”(最高第87位)以来唯の1作も無し。”Love Gun”(最高第4位)も、”Dynasty”(最高第9位)も、”Alive!”(最高第9位)も、”Alive II”(最高第7位)も、”Alive III”(最高第9位)も、獲れませんでした。で、1992年の”Revenge”もだめ(最高第6位)。1998年の”Psycho Circus”が初のトップ3いりを果たした後、スタジオ・アルバムとして長いインターバルを経てつくられた2009年の19th”Sonic Boom”の最高第2位が現時点の最高位となります。

なんか、長くなりそうなので、あしたまた。

Posted in AZMYSH | Tagged , , , | Leave a comment

The Superstar With No No.1 Album

The Superstar With No No.1 Album

2014.8.16付Billboard 200アルバム・チャートで、地味目ながら一つ快記録が生まれましたね。トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、通算13作目のニューアルバム”Hypnotic Eye”が、なんとNo.1へニューエントリー。しかも、それが彼らにとって一つ目のNo.1というから、サプライズ!

1977年、同ランキング初エントリーを果たした、1976年のデビュー・アルバム”Tom Petty And The Heartbreakers”が最高第55位に止まった後、1979年以降1985年へ至る間、3rd”Damn The Torpedoes”が最高第2位をマーク後、計4作連続トップ10いりするなど、これまでに7作のトップ10ヒット作(コンピレーション作、ライヴ作、ペティの単独作を含めると計11作)を生んでいながら、1作もNo.1作がなかったなんて。むろん、米国内のみのミリオンセラーも5作(コンピレーション等もいれるなら9作)。1993年の”Greatest Hits”なんかゆうに約10,000,000コピーを売っているらしく(たぶんとどいてはいませんけれど)。にもかかわらず、トップを獲れずにいたわけで。
苦節38年目にしてようやく”夢”が叶ったというしだい。

それでもまァ、獲れたらいいですよね。
いまだかつてBillboard 200のトップを獲りえていないスーパースターってのもいます。それも、トップ・クラスの。

んでもって、突然嵐の如くクイズ!

次のアーティストの内、米Billboard 200で1回もNo.1をマークしていないのは、誰?

デイヴィッド・ボウイ

ザ・フー

KISS

アリサ・フランクリン

マーヴィン・ゲイ

ウィリー・ネルソン

ボブ・マーリィ

<答はあす>

Posted in HIT, Q | Tagged , | Leave a comment

V13

V13 20140818

1 Born/Kin (←→)/We Go On PAT METHENY UNITY GROUP

1 Chandelier SIA

1 Rather Be/Extraordinary/Up Agian CLEAN BANDIT featuring JESS GLYNNE/SHARNA BASS/RAE MORRIS

Me And My Broken Heart RIXTON

Nevermind/Pseudologia Fantastica/Best Friend FOSTER THE PEOPLE

Am I Wrong NICO & VINZ

Break Free ARIANA GRANDE featuring ZEDD

Drowning Butterflies BIPOLAR SUNSHINE

Waves MR. PROBZ

How Long Will I Love You KRISTINA TRAIN

Nescafe APANHADOR SO

Lonely MALLU MAGALHAES

Linha De Frente CRIOLO DOIDO

<極私的ベスト13 JBL & Apple & InMyHeart 2014.8.18>

2014年8月11日 – 2014年8月17日の間に、我が家のJBL、Appleそれぞれのオーディオ、そして心の中でプレイをした楽曲中、最も数の多かったもの、トップ13をリストアップいたします。

夏カムバック組の一つ、パット・メセニー・ユニティ・グループが3トップへ。といっても、内2曲が初めてのNo.1マークとなります。クリーン・バンディットも同じ様なカムバックNo.1組ですが、コチラもまた内1曲が替わりました。まァ、ハマッているものってたいがいアルバムのすべてをヘヴィ・ローテイションで回しまくりますから、えてしてそうなりますよね。

ニューエントリーのアリアナ・グランデ。ほんの1年程前にブレイクアウト、デビュー・アルバムをリリースしたという”ど”ニューカマー。TVスターとしてそれなりに鳴らしたとはいえ、いまだ21歳のシンデレラ・ガールにもかかわらず、早2ndアルバム”My Everything”をリリース。すでにその第1弾シングル”Problem”(フィーチャリング”2014年一番の売れッ子ラッパー”イギー・アゼリア)がマルチ・ミリオンセラー・ヒットとなりました。んでもってそのアルバム発の第2弾シングルが、”Break Free”(フィーチャリング”2013年以降の売れッ子DJの1人”ゼッド)。アリアナ”キャット”グランデらしい、わくわくするようなレトロ・タッチのポップR&Bソングが、ゼッドのエレクトロ”ミュージックマジック”で今ふうにしつらえられています。愛らしい。

ほかに3曲ニューエントリーしていますが、すべて夏のブラジリアン・ミュージック・スペシャルの曲(click! で、リンク)。

A Take Away Show in Brazil : Apanhador So

A Take Away Show in Brazil : Mallu Magalhaes

A Take Away Show in Brazil : Criolo

Posted in V13 | Leave a comment

Encore! A Take Away Show in Brazil : Mallu Magalhaes

Encore! A Take Away Show in Brazil - Mallu Magalhaes

というわけで、マルー・マガリャンイス……

なかなかいい感じだったので、アンコール。

正に自然体……なんだかとっても楽しそうにパフォーマンスしているようなのがほほえましいですね。

みんなにかわいがられるスーパーアイドルふうなムードが漂いまくっています。(曲をclick! で、リンク)

Mallu Magalhães | Highly Sensitive : A Take Away Show in Brazil

La Blogothèque (click! で、リンク)

 

Posted in Earth, Visions | Tagged , | Leave a comment

A Take Away Show in Brazil : Mallu Magalhaes

A Take Away Show in Brazil - Mallu Magalhaes

La Blogothèqueの‘A Take Away Show’にスポットライトを当てようという、レギュラー・ヴィジュアル・コラム。
夏のブラジリアン・ミュージック・スペシャル第5弾、マルー・マガリャンイス(Mallu Magalhães)を、どうぞ。(曲をclick! で、リンク)

Mallu Magalhães | Sambinha Bom : A Take Away Show in Brazil

“華”……ですね。

ブームとなるほど熱狂的なファンが多数生まれたのもうなずけます。

1992年8月29日、ブラジル・サンパウロ生まれのまだ21歳のフォーキッシュな美少女MPBシンガーソングライター。ギター系中心に、ハーモニカ、バンジョー、ピアノ等、いろいろなものを弾くマルチ・インストゥルメンタリストだったりもします。

2007年、15歳のバースデイ・プレゼントにレコーディングスタジオで4曲録音。それをMySpaceでアップしてみたら、即、スターダムへのし上がってしまったというもろシンデレラ・ストーリーと共にその”歩み”は始まりました。2008年、アルバム”Mallu Magalhães”でデビュー。

愛らしい聲とルックスに似つかわしくなく、芯はしっかりしているようで。音楽的な志向一つとってみても、ボブ・ディラン(ジョニー・キャッシュまでも)を愛唱歌として唱うなど、案外懐が深かったりします。

そんなマルーの2011年リリースの3rdアルバム”Pitanga”のレパートリーをもう1曲。

終わった後の笑い聲がまたかわいらしい。

Mallu Magalhães | Lonely : A Take Away Show in Brazil

 

La Blogothèque (click! で、リンク)

 

Posted in Earth, Visions | Tagged , | Leave a comment

A Take Away Show in Brazil : Criolo

A Take Away Show in Brazil - Criolo

La Blogothèqueの‘A Take Away Show’にスポットライトを当てようという、レギュラー・ヴィジュアル・コラム。
夏のブラジリアン・ミュージック・スペシャル第4弾、クリオーロとその仲間達を、どうぞ。(曲をclick! で、リンク)

Criolo with Friends | Linha De Frente / Mariô : A Take Away Show in Brazil <2011>

2011年、サンパウロのピニェイロでシューティング。2ndアルバム発売前、同年春の撮影時はまだ彼も”アンダーグラウンド”のセレブでしかなかったのですが……。同年暮れにはもう信じられないほどのスポットライトが当たっていたという。

1975年9月5日、ブラジル・サンパウロのスラム生まれの(北東部で生まれたという説も)ラッパー/シンガー、クリオーロ・ドイド(クレベール・カヴァウカンチ・ゴメス)。唱うようになったのは1989年くらいから。しかしなかなか認めてもらえず。2006年、アルバム”Ainda Há Tempo”でメジャー・デビュー。そして2011年、大絶賛の嵐となる2ndアルバム”Nó Na Orelha”を生み、スターダムへ。

本ヴィデオクリップは正にその一瞬前の彼をとらえたもの。オープニング、ア・カペラで少しのどならしをする姿からしてもう強いオーラのようなものが見てとれます(まァ、当時既に35歳ですからね)。

ロドリーゴ・カンポス、キコ・ディヌッシ、ルイーザ・マイータらMPBの名士達といっしょに。

La Blogothèque (click! で、リンク)

 

Posted in Earth, Visions | Tagged , | Leave a comment