R.I.P. ‘Mr. “Baker Street” Sax Man’ …… Raphael Ravenscroft

もしもあのサクソフォンのイントロダクションがなかったら、心のかたすみにも留めなかったかもしれない……。
そんな曲、誰でもいくつかは想い当たりますよね。
歌ものなのにインストゥルメンタルリフ1発でヒットしてしまったような……。

ラファエル・レイヴンズクロフトといわれて、即、想い浮かべられる人は少ないでしょう。ただし、ジェリー・ラファーティーの”Baker Street”のサクソフォンといわれたら、すぐにわかる人も結構多いんじゃないでしょうか。

英スコットランド系のサクソフォニスト。1979年、彼個人のアルバム”Her Father Didn’t Like Me, Anyway”をリリースしてもいますが、ピンク・フロイドの”The Final Cut”を始め、マーヴィン・ゲイ、ABBA、アメリカ、マイク・オールドフィールド、キム・カーンズ、ロバート・ブラント、ブランドX、クリス・レア、ボニー・タイラー、ダフト・パンク等の陰で彼の”音”とふれていた人がほとんどかと想います。

そして、”Baker Street”でのそれでも。

英ロンドン・ウェストミンスターの街の通り、シャーロック・ホームズもゆかりの地をモティーフとした曲。1978年、スコットランドのポップ・ロック系シンガーソングライター、ジェリー・ラファーティーの出世作としてビッグ・ヒット、英国内でトップ3へのし上がったほか、米ランキングで6週間最高第2位を守るなど、世界的なベストセラーとなりました。

しかし、もしもそのイントロダクションからぐっと胸をとらえる、哀しくも熱いサクソフォンリフがなかったら、それほどまでに人の心を惹くものにはならなかったでしょう。

R.I.P. Raphael Ravenscroft (1954.6.4 – 2014.10.19)

Posted in RIP | Tagged , | Leave a comment

R.I.P. Tim Hauser……Tributes

R.I.P. Tim Hauser……Tributes

ティム・ハウザーを偲び、3ple A Plays! (曲をclick! で、リンク)

Who What Where When Why | The Manhattan Transfer

A Nightingale Sang In Berkley Square | The Manhattan Transfer

Smile Again | The Manhattan Transfer

Posted in Visions | Tagged , | Leave a comment

V13

V13 20141020

M Who What Where When Why/A Nightingale Sang In Berkley Square/Smile Again THE MANHATTAN TRANSFER

1 Spanish Fantasy <Part II> CHICK COREA

1 Spinning The Wheel MAMMAL HANDS

1 Birch CLEAN BANDIT featuring ELIZA SHADDAD

Waves MR. PROBZ

Habits (Stay High) TOVE LO

Pendulum FKA TWIGS

The Worst JHENE AIKO

Lazaretto JACK WHITE

Like The Wind NONONO

Hush Hush AVRIL LAVIGNE

Only 1 ARIANA GRANDE

Volcano U2

<極私的ベスト13 JBL & Apple & InMyHeart 2014.10.20>

2014年10月13日 – 2014年10月19日の間に、我が家のJBL、Appleそれぞれのオーディオ、そして心の中でプレイをした楽曲中、最も数の多かったもの、トップ13をリストアップいたします。

ザ・マンハッタン・トランスファー……ファウンダー/リーダー/プロデューサー、ティム・ハウザーのつくったその音世界は、オーソドックスなコーラス・グループのスタイルをとりながら、アップトゥデイトなものでした。

Forever Mr. “The Manhattan Transfer” …… Tim Hauser (click! で、リンク)

彼の死の1報に際し、私が最も心に想い浮かべられたのはまず1978年のアルバム”Pastiche”、そして1981年のアルバム”Mecca For Moderns”の楽曲群でした。

ニューエントリーは3曲。

フェイヴァリット・ピアニストの1人チック・コリアのトッブ・プライオリティ、1976年のアルバム”My Spanish Heart”のクライマックスをなす大組曲”Spanish Fantasy”(とくに四楽章のパート2が凄い)が突如心を占め、離してくれなくなりました。久しぶりにたまたま聴いてみたらそうなってしまったという。スタンリー・クラーク等と織り成す、正にファンタスティックな”スパニッシュ”ジャズ・クロスオーヴァーに心千々に乱れ、酔わせられます。

愛らしくエモーショナルなアリアナ・グランデの2ndアルバム”My Everything”のボーナス・トラック”Only 1″も或る意味酔いしれ。

U2のオサワガセ作”Songs Of Innocence”の1曲もまた心、乱れます。

Posted in V13 | Leave a comment

Forever Mr. “The Manhattan Transfer” …… Tim Hauser

聴いていると、なんだかとっても幸せになれました。
同じ輪の中、彼らといっしょに唱っているかのようなムードに包まれて。

1969年、ニューヨークで生まれた、ザ・マンハッタン・トランスファー……
小説家ジョン・ロデリーゴ・ドスパソス、1925年の作『マンハッタン乗換駅』をそのままいただいた、アーバンなコーラス・グループ。

彼、ティム・ハウザーからそのすべてが始まりました。

1973年、アラン・ポール、ジャニス・シーゲル、ローレル・マッセー(シェリル・ベンティーンと1979年交替)らとの4人編成でラインアップを固め。以来職人藝の男&女4部和聲が万華鏡の如く躍る、唯一無二珠玉のハーモニーでスターダムへ。グラミー賞常連グループにまでのし上がりました。

“Operator”(1975年)、”Twilight Zone/Twilight Tone”(1980年)、”The Boy From New York City”(1981年)、1981年の米映画”Sharky’s Machine”のサウンドトラック曲”Route 66″などのヒット・ソングのみならず、”Walk In Love”、”Who What Where When Why”、”Je Voulais (Te Dire Que Je T’Attends)”、”Smile Again”、”Spice Of Life”、”Mystery” 、そして流れるようにア・カペラで綴られる”A Nightingale Sang In Berkley Square”等、ミゴトなそのパフォーマンスが次々想い浮かべられます。

ジャズをベースとしながらも、いろいろなタイプの曲をクロスオーヴァーし、アダルトコンテンポラリーで、ポップに紡ぐ……正にマンハッタンが似つかわしい、シャレたライヴを楽しめるアーティストでした。

R.I.P. Timothy DuPron Hauser (1941.12.12 New York – 2014.10.16 Pennsylvania)

Posted in RIP | Tagged , | Leave a comment

U.K. Vinyl Sales To Cross Million

U.K. Vinyl Sales To Cross Million A

1996年、英国内でヴァイナルディスクの作品中、最も売れたものって一体何? の答。

フージーズの2ndスタジオ・アルバムにして最終作となる”The Score”でした。

んじゃその中の1曲、英国内でNo.1ヒットを果たした”Killing Me Softly”を。

Killing Me Softly | Fugees (click! で、リンク)

Posted in Q, Viewpoint, Visions | Tagged , | Leave a comment

U.K. Vinyl Sales To Cross Million

U.K. Vinyl Sales To Cross Million Q

音楽聴くのなんかどんなカタチで聴いてもいいようなものですが、ヴァイナルが1番! と想ってしまうのは、ヤッパ年くっているからでしょうか? でもそうとばかりはいえないようで。どうも、英国内のヴァイナルの売上数が年1,000,000セットをクリアしそうだとかいう話。

BPI/Official Charts Companyのしらべによると、2014年の第3クォーター終了時で 800,000セット近く売り上げているらしく。すでに2013年の年間総売上780,674セットを上まわったとか。最重要なホリデイシーズンを残してのそれはもう、1,000,000マークを射程内にいれたとみられるとの事。

いずれにしろ、2011年337,000セット>>>2012年389,000セット>>>2013年780,674セットとアップしてのそれですから、ヴァイナルが来ているってのは隠しようのない流れといえるでしょう。尚、英国内で1,000,000セットをクリアするのはなんと1996年以来の事。つまり、18年ぶりのアクションとなります。アナログなんかレガシー・メディアだからもうすぐ消えるとかいっていたやつ、一歩前へ! (否、出てくれなくていいです(^.^;)

因みにそんな2014年英国ヴァイナル・マーケットをリードしたのはまず、アークティック・モンキーズの”AM”(2013年のトップセラーですが、そのままずっと高売上をキープ)、ついでジャック・ホワイトの”Lazaretto”、そしてロイヤル・ブラッドのデビュー・アルバム”Royal Blood”等のニューアルバム群。リイシュー再発盤として、レッド・ゼッペリンを始め、オアシス、ザ・ストーン・ローゼズ、ピンク・フロイド等の作品群、そしてアークティック・モンキーズのデビュー・アルバム”Whatever People Say I Am That’s What I’m Not”などのヒットが際だったとか。

むろん、決してそれらヒット作品”依存の”結果という事じゃなくて。1,000セット以上売れたものが、100種以上も数えられ。全体的傾向とみられます。

しかも、すでに年中行事然としている春のイヴェント”Record Store Day”の流れから、”祭”にのっかってまとめて売れたわけでもなく。売上数が最も高かったのも、秋の始め9月(月間総売上110,000セット)だったりします。ほんものですね、コレハ。

んでもって、突然嵐の如くクイズ!

前回英国内で総売上1,000,000マークを果たした1996年、ヴァイナルディスクの作品中、最も売れたものって一体何だったのでしょうか?

<答はあす>

Posted in Viewpoint | Tagged , | Leave a comment

“Oops!”…U2’s Bono Apologizes For Forcing “Songs Of Innocence” iTunes Download

%22Oops!%22…U2’s Bono Apologizes For Forcing %22Songs Of Innocence%22 iTunes Download

U2のボノが”Songs Of Innocence”のiTunes独占無料配信事件を謝ったそうで。「アイタタタ! ホンマすまんかった。(iTunesのすべてのカスタマーのライブラリへ直にプレゼントするという) ステキなアイディアに浮かれてしまったんだ。ホラッ、俺らアーティストってのりやすいから。ヤッチマッタワケヨ」だとか。

まァ、数億人へ直接贈る、という話に盛り上がったようすは正に目に見えるようですが。iTunes Matchの登録人以外消す事が出来無かった点のみしっかりクリアしていたら(ダウンロードをフリーにするというカタチで止めたりとか)、フツーに「スゲエ!」と大絶賛だった筈。浮かれてミスッたってアタマをかくトコロでしょうね。けれど、”スパム”とまで言われるくらいトピックスとしてスポットライトが当たったのは、オイシイトモイエ(^皿^)

そもそもが本来注目率の高いスーパースターが行なうという条件付でなら、キャンペーンとしてみても悪くないですし。Appleがプロモーション料全体でU2に$1億くらい出したようですから、マルチ・ミリオンセラーとなったのと或る意味変わらないわけで。事実同作全体のダウンロードは、26,000,000コピーを数えたらしく(Appleサイド談)。iTunesのカスタマー数の”5億”コピーに至る夢は叶いませんでしたが、前作品”No Line On The Horizon”が総合計2,800,000弱だった事を鑑みれば、大成功とすらいえるでしょう。ネガティヴに騒いでいるのも、そのほとんどがファンじゃないですしね。

ツアーのいい発火薬にもなりましたとサ。

Posted in RAGTIME | Tagged , , , | Leave a comment