R.I.P. Joe Sample……Tributes

R.I.P. Joe Sample……Tributes

ジョー・サンプルを偲び、3ple A Plays! (曲をclick! で、リンク)

Rainbow Seeker | Joe Sample

It Happens Everyday | The Crusaders

Melodies Of Love | Joe Sample

Posted in Visions | Tagged , | Leave a comment

R.I.P. “The Rainbow Seeker” …… Joe Sample

蝶の如く舞い、ゆらめくそのしらべは、まるで夕陽の光射す水面に吹く風の織り成す縞のよう。

彼がピアノの鍵にふれたとたん、1音1音が水を得た魚の如く弾み、躍り始めます。

そんなミュージックマジックをどのくらいみせてもらったでしょうか。”Melodies Of Love”…….よどみなく生まれるその愛のメロディーに。時にはそれをライヴで目の当たりにして、一瞬、陶然としたことも。

熱くしなやかなジャズ・ピアニストにして、心を温かくとらえるコンポーザーだった、ジョー・サンプル。

意識無く聴いていたのは、ザ・スプリームズのバックとしてだったのかもしれません。ウィルトン・フェルダー、スティックス・フーパー、ウェイン・ヘンダーソンらとつくったザ・ジャズ・クルセイダーズが、1971年、ジャズファンク・バンド”ザ・クルセイダーズ”となったころにはもう我が意を得たアクトの1組としてよく聴いていました。

サザンソウルのブルージーなエッセンスをアーバンコンテンポラリーなクロスオーヴァー・ジャズへ昇華しえたその作風に驚喜したことを覚えています。

しかし、そんなジャズファンクの十字軍戦士も、今年春ヘンダーソンが亡くなり、今、またひとり……。

彼のつくった同バンドのポップ・ヒット”Street Life”のフィーチャリング・ヴォーカリスト、ランディー・クロフォードは、「かたわらにいると、とても心がやすらぐの」とその佇まいを賞していました。

ザ・クルセイダーズのアルバム・タイトル”Free As The Wind”の如く、ゆったりとのびやかなパフォーマンス……そしてそのタッチは正に”Rainbow Seeker”、夢心地で美しいものでした、彼が自らソロアルバムをそう名づけたように。

Joseph Leslie “Joe” Sample (1939.2.1 Houston, Texas – 2014.9.12 Houston, Texas)

Posted in RIP | Tagged | Leave a comment

R.I.P. Bob Crewe……Tributes

R.I.P. Bob Crewe……Tributes

ボブ・クリューを偲び、3ple A Plays!

Can’t Take My Eyes Off You | Frankie Valli

Rag Doll | The 4 Seasons

My Eyes Adored You | Frankie Valli

 

Posted in Visions | Tagged , , | Leave a comment

V13

V13 20140915

 

1 Can’t Take My Eyes Off You FRANKIE VALLI

1 Bang Bang NANCY SINATRA

1 My Eyes Adored You FRANKIE VALLI

Am I Wrong NICO & VINZ

A+E/Rihanna/New Eyes CLEAN BANDIT featuring KANDAKA MOORE & NIKKI CISLYN/NOONIE BAO/LIZZO

Chandelier SIA

Rag Doll THE 4 SEASONS

Habits (Stay High) TOVE LO

Like The Wind NONONO

Waves MR. PROBZ

Break Free ARIANA GRANDE featuring ZEDD

Born PAT METHENY UNITY GROUP

Bang Bang JESSIE J, ARIANA GRANDE & NICKI MINAJ

<極私的ベスト13 JBL & Apple & InMyHeart 2014.9.15>

2014年9月8日 – 2014年9月14日の間に、我が家のJBL、Appleそれぞれのオーディオ、そして心の中でプレイをした楽曲中、最も数の多かったもの、トップ13をリストアップいたします。

ガラッと変わりました。しかし、ほんとうなら、ニューカマーのエントリーがドカッとふえるはずだったのですが……。そして、3トップはポジション4・5・6がそのまま並ぶとみられていたのに。

ザ・フォー・シーズンズを育て、米国内有数のヒットメイカーとして知られるソングライター/プロデューサー/ミュージシャンのボブ・クリューが亡くなってしまった事が流れのすべてをイレギュラーなものへと向かわせました。

R.I.P. “The Another Jersey Boy” …… Bob Crewe (click! で、リンク)

3トップが、1967年、1966年(コチラは”Bang Bang”関連曲)、1974年。そして第7位もまたボブ・クリュー関連曲で1964年のヒット・ソングとなっています。

Posted in V13 | Leave a comment

R.I.P. “The Another Jersey Boy” …… Bob Crewe

“Can’t Take My Eyes Off You”、”Sherry”、”Let’s Hang On!”、”Silence Is Golden”、”Lady Marmalade”……中高年のポピュラー・ミュージック・ファンで、これらスタンダード・ヒットの一つだに知らない、という人などいないんじゃないでしょうか。

すべて、ボブ・クリューがソングライターとして書いたか、プロデュースをするかして携わったものです。

ブロードウェイ・ミュージカル”Jersey Boys”で画かれていたように、フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズをトップ・スターダムへ導く、”ヒットメイカー”のセンスとテクニックとパワーを兼ね備えていました。そしてそのオーラは、ダイアン・リネイ、ミッチー・ライダー・アンド・ザ・デトロイト・ウィールズ、レスリー・ゴア、オリヴァー、パティ・ラベルら、多くのほかのアクトへもまたそそがれたのです。

彼のソングライティングとアレンジメントの鍵を1言で表すなら、”ゲンキになる”。
彼が携わるといかなる曲も勢い良く弾み出します。
辛いからといって暗くなっていてもしかたがない、前をしっかり見すえて歩むなら、いつか幸せになれるだろう、というかの如く。

見た目が惨めでも、光を見い出し、そして「そのままのアナタを愛す」……そんな想いがせつせつと哀しくも美しくとらえられた曲”Rag Doll”などもまた然り。アップテンポの曲はもとより、スローな曲ですらポジティヴな温い光が心に点るのを感じます。

私も彼のそのオーラに惹かれました。
“Can’t Take My Eyes Off You”、”Lady Marmalade”、”My Eyes Adored You”……今もふとそれらの曲が心に浮かぶほどに。

Stanley Robert Crewe “Bob Crewe” (1930 or 1931.11.12 – 2014.9.11)

Posted in RIP | Tagged | Leave a comment

All About The Ladies’ Society

All About The Ladies' Society

クイズの答を書く筈だったのですが、米Billboardが今週号のランキングで或る稀な快記録が生まれた、と騒いでいたので、それについて少しふれたいと想います。まァ、歌姫評論家として本を書いたりもした私ですからね。見のがせません。

というのも、2014.9.20付Hot 100のトップ5が、なんとすべてフィーメイル・アクト、つまりオンナのコだったのです。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <2014.9.20>
1 “All About That Bass” Meghan Trainor
2 “Shake It Off” Taylor Swift
3 “Anaconda” Nicki Minaj
4 “Bang Bang” Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj
5 “Black Widow” Iggy Azalea featuring Rita Ora
©Billboard

んでもって、それがどれほど珍しいものなのか? 同記録のアーカイヴをみてみましょう。近いトコロからそのすべてを。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <2012.3.3>
1 “Part Of Me” Katy Perry
2 “Set Fire To The Rain” Adele
3 “I Will Always Love You” Whitney Houston
4 “Stronger (What Doesn’t Kill You)” Kelly Clarkson
5 “Rolling In The Deep” Adele
©Billboard

ランキングの日が、ひなまつり(^.^)

たった2年程前なので、案外多いんじゃない? と想っていたら、大間違い。それよりも前ってなると。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <1999.3.20>
1 “Believe” Cher
2 “Heartbreak Hotel” Whitney Houston featuring Faith Evans and Kelly Price
3 “Angel Of Mine” Monica
4 “I Still Believe” Mariah Carey
5 “Angel” Sarah McLachlan
©Billboard

けれど、女性陣のパワーがもの凄かった1999年。実はその前からずっとフィーメイル・アクトのヒットがひしめいていたのです。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <1999.2.13>
1 “Angel Of Mine” Monica
2 “…Baby One More Time” Britney Spears
3 “Nobody’s Supposed To Be Here” Deborah Cox
4 “Believe” Cher
5 “Have You Ever?” Brandy
©Billboard

それが翌週付。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <1999.2.20>
1 “Angel Of Mine” Monica
2 “…Baby One More Time” Britney Spears
3 “Believe” Cher
4 “Heartbreak Hotel” Whitney Houston featuring Faith Evans and Kelly Price
5 “Nobody’s Supposed To Be Here” Deborah Cox
©Billboard

でその次。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <1999.2.27>
1 “Angel Of Mine” Monica
2 “Believe” Cher
3 “Heartbreak Hotel” Whitney Houston featuring Faith Evans and Kelly Price
4 “…Baby One More Time” Britney Spears
5 “Angel” Sarah McLachlan
©Billboard

そして。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <1999.3.6>
1 “Angel Of Mine” Monica
2 “Believe” Cher
3 “Heartbreak Hotel” Whitney Houston featuring Faith Evans and Kelly Price
4 “Angel” Sarah McLachlan
5 “…Baby One More Time” Britney Spears
©Billboard

と、続いていたのです。バックストリート・ボーイズの”All I Have To Give”がオジャマムシをしたため、一旦次の週でくずれるのですが、上記翌々週で再びマークしています。

尚、ソロシンガーのみの(コラボレーションを含む)ランキングは、それですべてとなりますが、コーラス・グループも含めると。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <1979.6.30>
1 “Ring My Bell” Anita Ward
2 “Hot Stuff” Donna Summer
3 “Bad Girls” Donna Summer
4 “We Are Family” Sister Sledge
5 “Chuck E.s In Love” Ricky Lee Jones
©Billboard

がその初の快記録。シスター・スレッジは全員実姉妹なので、同記録の総合第1号といえるでしょう。

オトコもバンドとかの中にいるけれど、メイン・ヴォーカルがオンナの聲だったらよしとするなら……。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <1990.5.26>
1 “Vogue” Madonna
2 “All I Wanna Do Is Make Love To You” Heart
3 “Nothing Compares 2 U” Sinead O’Connor
4 “Hold On” Wilson Phillips
5 “Alright” Janet Jackson
©Billboard

そして。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <1994.3.5>
1 “The Power of Love” Celine Dion
2 “The Sign” Ace Of Base
3 “Whatta Man” Salt ‘N’ Pepa with En Vogue
4 “Without You”/”Never Forget You” Mariah Carey
5 “Breathe Again” Toni Braxton
©Billboard

もうね、フィーチャリング・アクトがオトコでもね、メインがオンナならいいんじゃない、とするなら。

Top 5 Of Billboard Hot 100 <2001.9.8>
1 “I’m Real” Jennifer Lopez featuring Ja Rule
2 “Fallin'” Alicia Keys
3 “Someone To Call My Lover” Janet
4 “Hit ‘Em Up Style” Blu Cantrell
5 “Let Me Blow Ya Mind” Eve featuring Gwen Stefani
©Billboard

も……。

ただし、それを含めても、稀なアクションという点に変わりはなし。

Posted in HIT | Tagged | Leave a comment

The Million-Selling Songs That Never Climbed To The U.K. No.1

The Million-Selling Songs That Never Climbed To The U.K. No.1 Q

誰もがうらやむミリオンセラー・ヒット。フィジカルな製品物として売るには難しくなりましたが、ダウンロードでたやすく買う事が叶うようになり、近年再び増えつつあります。レコード・ビジネスが早晩危篤状態に陥りそうだった英音楽ギョーカイも、一息吐いているようで。

10年程前、英国内のディジタル・ミュージック・マーケットが始まってから、すでに1,240,000,000コピーのシングル・トラックがダウンロード。アルバム1作ずつのダウンロードで166,000,000コピーが売れています。

以前当プログで英Official Charts Company社発表の同国内ダウンロード数総合オールタイム・トップ100をみてもらいましたが、それからまだ少ししかたっていないのに、ファレル・ウィリアムズの”Happy”がトップに立つなどいろいろアクションも盛ん。現時点のランキングは次のようになっています。

U.K. All-Time Official Download Chart Top 10

1  HAPPY | PHARRELL WILLIAMS

2  BLURRED LINES | ROBIN THICKE/T.I./PHARRELL

3  SOMEONE LIKE YOU | ADELE

4  MOVES LIKE JAGGER | MAROON 5 featuring CHRISTINA AGUILERA

5  SOMEBODY THAT I USED TO KNOW | GOTYE featuring KIMBRA

6  GET LUCKY | DAFT PUNK featuring PHARRELL WILLIAMS

7  I GOTTA FEELING | BLACK EYED PEAS

8  WAKE ME UP | AVICII

9  WE FOUND LOVE | RIHANNA featuring CALVIN HARRIS

10 SEX ON FIRE | KINGS OF LEON

© 2014 Official Charts Company

んでもって、突然嵐の如くクイズ!

むろん、上の楽曲群はそのすべてが英国内のみでミリオンセラー・ヒットとなり、当然英ランキングもNo.1をマークしているものばかり……と想ったら、1曲仲間ハズレが!

英ヒットチャートNo.1を獲れなかったミリオンセラー・ヒット、それはどれでしょう。

<答はあす>

Posted in HIT, Q | Leave a comment